抗体検査キットの使用方法 - 新型コロナウイルス対策サイト新型コロナウイルス対策サイト

抗体検査キットの使用方法

抗体検査キットの種類と使用方法

抗体検査は世界各国で複数企業が数十種類の製品を製造しております。クリメディスメディカルクラブでは、その中から何度も製品テストを行い、厳選した商品を取り扱っております。

抗体検査キットは、研究用試薬という分類のものです。
体外診断用医薬品、一般検査薬のように病気の診断に使うものではありません。その為、現在新型コロナウイルスが二類感染症というカテゴリーになっていることから診断されてしまうと、感染者に対して様々な制限(移動制限や報告義務)などが発生しますが、本キットでの結果は研究用試薬での結果の為免除されます。

検査キットはおおよそ使用方法などは似ていますが、それぞれお手元の検査キットのパッケージをご確認のうえ、各種手順動画または説明書をご覧ください。

検査結果について

陰性

陽性

陰性

A:陰性 IgG(-) IgM(-)

非感染者または
抗体ができていない

※疑陰性率も数%あり

陽性

陽性

B:陽性 IgG(-) IgM(+)

感染能力ありの可能性が
否定できない

※疑陰性率10%程度あり

陽性

C:陽性 IgG(+) IgM(-)

人に感染させる可能性は低く、
感染しにくい

※過去に感染した可能性あり

陽性

D:陽性 IgG(+) IgM(+)

治りかけの可能性があり、
Bより感染の可能性が低い

※疑陽性率10%程度あり

A:陰性 C の位置のみに赤の線が現れます。非感染者または抗体ができていなません。(偽陽性率数%程度あり)
B:陽性 C と IgM の位置に赤の線が現れます。感染初期段階、現在感染している可能性があります。(偽陽性率10%程度あり)
C:陽性 C と IgG の位置に赤の線が現れます。過去に感染した可能性があり、抗体ができています。
D:陽性 C と IgG及びIgM 全ての位置に赤の線が現れます。現在感染していて治りかけの可能性があります。(偽陽性率10%程度あり)
無効 如何なる場合でも C の位置に赤の線が現れない場合、結果は無効になります。
サンプル穴に検体を滴下した後、20分以内に結果を判定してください。20 分を超えた場合、結果は無効になります。

結果の送信

医療研究材料として検査結果の提供をお願いしております。
判定結果をスマートフォン等で撮影し、専用フォームまたはメールでクリメディスメディカルクラブへ送ります。
メールアドレス:covid-19@climedis.co.jp

結果を送る

※収集した検査結果は最終的に厚生労働省へ提出いたしますが、個人情報の提供はいたしません。クリメディス株式会社がデータとして保管いたします。
※線がはっきりと分かるように撮影してください。また、結果についてクリメディスメディカルクラブよりご連絡をする場合があります。